トップページ

誰も置き去りにしない さいたま をつくる

全駅、全ホームにホームドアの設置を! 真心の眼で社会を変える

全盲の政治・市民活動家 真心の眼で社会を変える
しまがききんやホームページ

全盲のしまきん、新たなる決意!新風心眼!浦和からさいたま市議を目指します!!

しまきん5つの政策 ?『高齢』や『障害』は生活しやすさ、暮らしやすさのバロメーター?

しまきんが以前から訴えてきました政策が進展しています!!

夢を形にする!しまきんは全力投球で働き、働き続けます!!

清水市長との写真

国、JRなどの鉄道事業者とともに、駅の安心、安全、命を守るためのホームドア設置の一翼を担う都道府県や政令市にあって、埼玉県は、設置を推進する駅の要件を、法律(バリアフリー法)の乗降客数10万人以上/日から、1万人/日以上の駅に整備していくという積極姿勢で取り組み始めています。
私は、清水さいたま市長を訪ねるなどして、さいたま市も同様に積極的に取り組んで欲しいと強く要望してきましたが、まだ明確な方針は打ち出されていません。必ず実現するために、来年4の”決戦”で勝利しなければなりません。皆さんの夢を形にするため、どうか私、しまがききんや、しまきんへのご支持、ご支援を伏してお願いいたします。

タンデム自転車

私が長年に渡って、埼玉県、埼玉県警察に対して求めてきましたタンデム自転車の公道走行が、2021(令和3)年の7月1日から解禁されました。タンデム自転車は、単独では自転車を操縦することができない視覚障害者の移動手段となるだけでなく、お年寄りの外出を支援する手段や、エコで手軽な観光ツールとしても利活用が期待されます。

視覚障害という障害特性、当事者性も生かして、”全盲の政治・市民活動家”しまきんは、他の政治家、議員が気づかない社会問題、地域の課題を解決していきます!

Facebook

Twitter

誰よりもさいたまを愛するしまきんが作詞・作曲、熱唱する

I LOVE SAITAMA SONG

お帰りさいたま ただいまさいたま